母は二次元に恋をする
様々な現実から目をそむける為の妄想ブログ
プロフィール

らいだったりみかだったり

Author:らいだったりみかだったり
ドクターストップかかって現在断酒中。
鎖骨がきれいな眼鏡男子が好き(二次元に限る)。
よく勘違いされるが腐ではない。

好きなゲームはFEシリーズ、英雄伝説シリーズとかなんか色々。
最近は主にコミPo!でマンガ作って遊んでます。



コミPo!



閃の軌跡



閃の軌跡Ⅱ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一部の人しかわからない
と、言うわけで、なんとなく思いつきで書いてみました。
BSBのSS。

あくあさんちの穂積くん、エリカさんちの織田くん、サクラサルさんちの藤咲くんと、うちの義行が麻雀大会をやるお話です。
思いつきで書いたので、非情に短いです。

なんとなくイメージで、
穂積君→真面目すぎていじられキャラ
織田君→いたずらっ子
藤咲君→クールと見せかけてむしろラスボス
というかんじになってます。



ピンポーン
穂積龍之介は伊東義行の家のインターホンを押した。
穂積の後ろには織田里壱、藤咲隆が立っていた。

今日は伊東の家で麻雀をやることになっていた。
部屋に正方形の座卓があるという理由で、麻雀をやるときはいつも伊東の家になる。

程なくして、伊東がドアを開けた。
「おお。入れよ。」
「「「おじゃましまーす。」」」
3人が中に入る。
「あ、これ、お菓子と飲み物。」
穂積が伊東にコンビニのビニールを渡す。
「ああ、サンキュウ。」
伊東は穂積から袋を受け取り、中を見ると、眉間にしわを寄せた。
「おい。織田。ちょっと待て。」
2階に上がろうとした織田が振り返って伊東を見た。
その顔は何かを期待しているようだった。
「なんだよ。」
「なんで飲み物が午後ティー1本だけなんだ。」
伊東は恨めしい目で、織田の目の前にペットボトルを差し出した。
織田は伊東の表情を見て、ニヤリと笑った。
「家主が好きかと思ったからに決まってるだろ。」
そう言って、織田は階段を上り始めた。
「お前・・・。後で覚えてろよ・・・。」
悔しそうにペットボトルを握り締める伊東を尻目に、織田は藤咲に向けて親指を立てた。
それに答えるように藤咲もニヤリと笑った。


麻雀が始まると、どうしても口数が減る。
いたずら好きの織田はなんとかして、穂積を動揺させてやろうと、チャンスを狙っていた。
「で?どうなのよ。サクラちゃんとは。」
織田が牌を捨て、ニヤニヤしながら穂積に聞く。
「え?どうって?」
織田の問いに、穂積の目じりが下がり、口元が緩んだ。
穂積は、普段は冷静そうに見えるが、恋人のサクラの話を出されると、いつもポーカーフェイスが崩れる。
仲間内、特に織田と藤咲は、いつもそれをからかうネタにしていた。
「どうっていったら、もちろん、決まってるだろ?どこまでいったって話だよ。」
穂積の顔がみるみる赤くなった。
「ど、ど、ど、どこまでって!な、何もしてねぇよ!!」
「あれ?俺は、デートでどこまで行ったの?って聞いたんだけど?何想像してんの?穂積君やらし~。」
織田はますますニヤニヤして突っ込む。
「テメェ・・・。」
穂積は悔しそうに織田を睨み、牌を捨てた。

「あ、それロン。」
藤咲が牌を倒す。
「げっ。マジ?」
穂積は、目を見張って藤咲の牌を見た。
伊東は藤咲の倒した牌を見て、点数表に目を落とす。
「えーっと。ロン、平和、タンヤオ、ドラ1、カンチャン待ちで、子だから・・・。」
すると、織田が面倒くさそうに言った。
「めんどくせぇし、いいじゃん。役マンで。はい。タツ、ハコな。」
「ちょっ!?ふざけんな!!」
穂積が声を荒げ、身を乗り出した。
伊東は顔を上げニヤリと笑い、織田に向かって言った。
「それだと、織田はヤキトリだから、罰符払うことになって、マイナスになるけどいいのか?俺はプラスだからいいけど。」
すると、藤咲は興味なさそうに、目の前の牌を崩しながら言った。
「俺のトップは変わらないから、別にそれでいいんじゃないか?」
「「ちょっ!待てよ!!勝手に決めんな!!」」
織田と穂積が声を揃えて言った。

伊東は「やれやれ」とため息をつき、もう一度点数表に目を落とした。
藤咲はそれを見て、くくっと笑い、牌を混ぜ始めた。

-おわり-

駄文にお付き合いいただきありがとうございました。
しかも、ものすごい自己満足のSSです。

義行は甘い飲み物が苦手で、飲むと涙目になります。


みんなまだあんまり細かい設定決まってないっぽいんでこんな感じにしてみました。
みんなの細かい設定とか色々決まったらまたちょこちょこ書きたいなと思っています。

あ、大工王子のシナリオも書くんだった。
出会いのシーンのシナリオはもう決めているのです。

どんどん若先生のSSと修学旅行のSSが後回しになっていく。


ちなみに、うちの義行には2歳年下の溺愛している妹がいます。
で、たまたま遊びに来た藤咲くんに一目ぼれしてしまったので、義行は、藤咲君が遊びに来る日は妹を家から追い出しています。
スポンサーサイト

コメント
No title
すっごい楽しませてもらいました~
里壱くんとうちの隆の悪戯な顔が目に浮かびますよ!
やっぱり穂積くんはやられキャラ。

細かい設定いろいろ考えたいと思います!
またSS見せてくださいね^^

あ、うちの子「隆」って呼んでください
妹さん・・・・どんな子なんでしょう。ドキドキ
隆がモテた。なんだか母親の気分です
[2009/09/04 10:04] URL | サクラサル #- [ 編集 ]

早っ!!
みかさん、職人ですかwwwwwww
素晴らしい!!そして麻雀ネタwwwwww
わたしもすっかり忘れてますね・・・・・
高校のときはあんなにやってたのに。

何となくみんなの性格がつかめてきました。

わたしもSSを書こうと思ってます。
設定を色々考えてみたので、是非読んでみて下さいw

[2009/09/04 12:17] URL | あくあ #GeIIq2NY [ 編集 ]

>サクラサルさん
お読みいただきありがとうございます。

隆くんと織田くんの主な被害者は穂積君っていう図式ができあがっちゃってますねwwwwwwww

隆くんの「告白されても気づかない」っていう設定を見た瞬間、「これは絶対絡めなければ!!」と思い、最初は姉がいることにしようと思っていたんですが、妹にしました。
名前は笑(えみ)ちゃんです。
妹は、隆くんを「クールでかっこいい年上の男性」としてあこがれています。
そのため、毎日義行に憧れの藤咲さんの話を聞きたがります。
でも、義行は完全に無視しております。
そして、隆君が来ている時は部屋に鍵をかけて、妹が入って来れないようにしています。

義行は好きなように呼んで下さい。
一応、あだ名は「めがね」くんなんですが、この面子が「めがね君」って呼ぶところが想像できないので・・・。
[2009/09/04 12:41] URL | みか #- [ 編集 ]

>あくあさん
お読みいただきありがとうございました。
なんとなく、エリカさんの穂積君がいじられているところを見たとき、これが思いついたんですよー。
やっぱり男の子が4人集まればこれでしょ?
思いついたら結構なんでも早いんです(笑)

うちの子も色々細かい設定考えてみますねー。
あくあさんのSSも楽しみにしてます。
[2009/09/04 12:46] URL | みか #- [ 編集 ]

ちょwwww
すげぇ 面白い!!!

「織田」呼びにキュンとしたーーーー!!!(*´Д`)/
リアルでいいですね! 
おもしろかったーwww
何か、里壱のタツに対する遠慮のなさがwww
大当たりwwwwwww
それぞれキャラを掴んでて、かなり面白かったです!!
[2009/09/04 19:45] URL | エリカ #- [ 編集 ]

>エリカさん
お読みいただきありがとうございました。

「織田」呼びいいですか?
なんとなく、下の名前で呼ぶよりも、苗字呼びつけの方が高校生っぽいかなーと思ったので。
織田君はとにかく、穂積君にちょっかい出すことを生きがいにしてますよねー。
だから、穂積君が上がられると、上乗せで点棒要求しそうだなって思って。
織田君は表立っていたずらするけど、実は隆君がラスボスって図式が私の中で出来上がっています(笑)
[2009/09/04 20:07] URL | みか #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://mikarinof.blog37.fc2.com/tb.php/108-728a0892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サクラノート ~いまにつながるみらい~

サクラノート ~いまにつながるみらい~の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「サクラノート ~いまにつながるみらい~」へ!
[2009/09/04 04:40] サクラノート ~いまにつながるみらい~



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。