母は二次元に恋をする
様々な現実から目をそむける為の妄想ブログ
プロフィール

らいだったりみかだったり

Author:らいだったりみかだったり
ドクターストップかかって現在断酒中。
鎖骨がきれいな眼鏡男子が好き(二次元に限る)。
よく勘違いされるが腐ではない。

好きなゲームはFEシリーズ、英雄伝説シリーズとかなんか色々。
最近は主にコミPo!でマンガ作って遊んでます。



コミPo!



閃の軌跡



閃の軌跡Ⅱ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



「おかえり」
RPG編が全く進みません。
今日スイミングなので、また書きます。
長編小説って大変なんだなあとつくづく思います。
仕事でお話書いてる人って本当にすごいなあ・・・・。


上野顕太郎氏著「さよならもいわずに」を夫が会社で借りてきたというので読ませてもらった。

上野先生が奥様を亡くされたころ、ちょうどまだコミックビームを買っていて、O村編集長がお悔やみを書いていたのを覚えているが、もうそんなに前になるんだと改めて驚いた。
上野先生は愛妻家で有名で、それでも連載を休まなかったのが当時すごく印象的だった。


感想は伏せるが、昨日、薬飲んだらうっかり8時半に寝てしまい、夫に「おかえり」を言わなかったことを申し訳なく思った。
今日はちゃんとおきて「おかえり」を言おうと思う。
なぜか最近8時ごろ猛烈に眠くなるんだよ・・・・。



話は変わって、あくあさんがサルと戦ったという話を読んでちょっと思い出した、数年前の話。



近所の公園に怪我をしたカラスがいた。
そのカラスは、片足でぴょんぴょんはねて、ちょうど一緒に遊んでいたうちの下の娘より一つ下の女の子のおもちゃをくわえた。
当然その子は大泣き。
他のお母さんたちも怖がって近づけない。
カラスが勝手におもちゃを置いてくれるのを待っている。

なんとなく、私はそのカラスに近づいて屈み、カラスの目を見て「それ返して」と手を伸ばした。
カラスは簡単にそのおもちゃを私の前に置いた。
私がそれを拾っても、特にカラスは何もしなかった。

その後そのカラスに懐かれてしまい、靴紐を引っ張られたり、ついてこられたりした。
うちの娘は大泣きだったが。

それを見た他のママが驚いていった。
ママ友「○ママ(私のこと)怖くないの?」
私「別に怖くない。このカラス殺気がなかったから。」
ママ友「殺気って・・・・どこの格闘家だよ・・・・。」
私「ゴミ捨て場漁ってるカラスって殺気立ってるじゃん?アレは怖くて背中向けられないけど、このカラスは平気。おもちゃ取ったのは一緒に遊びたかったからじゃない?」
ママ友「○ママって動物愛護の人だっけ?」
私「動物愛護の人間が鳩蹴ると思うか?」
ママ友「そういや蹴ってたね。思いっきり。」

そう、私は鳩に思い切りけりを入れたことがあるのだ。

そこからまた数年前。
お友達と隣の市の大きな公園にお弁当を持って遊びに行った。

そこはとにかく鳩が多かった。
しかも、そこの鳩たちは人間が全く怖くないようだった。
弁当や御菓子を食べていると、周りに集まってくる。
下手すると、子どもの弁当から直接取ろうとする。
払っても威嚇しても一向に逃げる様子はない。
ずうずうしいを通り越して、忌々しかった。

私は、娘の弁当を狙う鳩に脅かす意味を込めて、足を振り上げた。


ボンって音がした。


見事にクリーンヒットした。

鳩ってもっと危機管理能力あると思ってた。
逃げる様子など全くなかった。

数メートル飛んだ鳩はびっくりして私の顔を見た。
まさに鳩が豆鉄砲食らった顔そのものだった。
もちろん、周りの鳩もびっくりして、その鳩に集まってきて私を見ていた。
その様は、女集団が人の悪口を言う様に似ていた。

その後、私たちに近づこうという鳩はいなかった。

数日後その公園に行ったら明らかに鳩が減っていた。

・・・・私のせい?




余談だが、例のカラスは、人に慣れてしまったため周りのカラスからいじめられ、子どもからはカラスという理由でいじめられていたため飛べないし、足も片方動かなくなってしまったらしい(近所のおばさんが他の動物に襲われないように餌と寝床を提供しているらしい)。
カラスの世界は大変なんだなと思った。
スポンサーサイト

コメント
No title
お久しぶりのコメントです!

鳩が豆鉄砲食らったような顔ってところでちょっと噴出しちゃいました^^
直接お菓子とかお弁当獲るんですね、鳩・・・
大人になった今でも囲まれたら怖いから、子供だったらもっと怖いですよね。

そういえば、昔怪我したカラスを助けたら妙になつかれて
腕にのっかってきたりしたことが・・・いい思い出です
[2010/09/08 20:13] URL | サクラサル #- [ 編集 ]

No title
鳩って集団で集まってくると、怖いです。
昔、京都の公園で鳩に囲まれて軽くパニックになりかけましたょ。
それに比べて、カラスは賢いので、扱いさえ間違わなければとも思いますね。
でも、先日、近所の家の屋根の上で、おせんべいらしきものを袋から出して食べているカラスを見たときは、怖かったです。
取られたのがおもちゃでよかったのかもですね。

それにしても、鳩をクリーンヒットさせることができるなんて!
鳩だけじゃなくて、まわりの人も娘さんも、豆鉄砲をくらったような表情になったんでは?www
でも、ずうずうしい鳩ですよね・・・・。
[2010/09/08 21:20] URL | みぃ #- [ 編集 ]

>サクラサルさん
その鳩もまさか本気で攻撃してくる人間がいるとは思っていなかったようです。
周りの鳩もびっくりして私を遠巻きに見てました。

また鳩って頭小さい割に小ざかしいというか、とろそうな小さい子どもを狙ったりするんですよね。
そういうのがご飯落とすことも知ってるんでしょうね。
平気で膝の上に乗ったりとかするので、感じ悪かったです。

そのカラスもやっぱり怪我していたところをおばさんに助けられたら懐いちゃって、結局自然に戻れなくなっちゃったんだそうです。
結局、その後もそのおばさんが飼ってるみたいな形になっていました。
弱いものは淘汰されていく世界なんでしょうね。
からすの世界。
[2010/09/09 07:54] URL | みか #- [ 編集 ]

>みぃさん
鳩は集団で集まってきますよね。
非常に忌々しかったです。
アレ以来私は鳩が嫌いです(怖いじゃなくて嫌い)。

そのカラスは子どもと遊びたかったみたいです、
おもちゃ持って、逃げる子どもの後をついて歩いていたので。
攻撃的なカラスは子どもには近づきませんしね。

子どもが多い場所だったので、子どもはとろいっつーかちょろいって思われていたのかもしれません。
うちの娘たちはまたとろそうな感じだし・・・。

ええ、周りのみんなもびっくりしてました。
「いや、さすがに本気でやるとは・・・・。」といわれました。
「だって鳥なんだから当然逃げると思ったんだよ!!」と一生懸命訴えました。
あの公園から鳩が減った原因と言われ、今でも笑い話です。
[2010/09/09 08:00] URL | みか #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する