母は二次元に恋をする
様々な現実から目をそむける為の妄想ブログ
プロフィール

らいだったりみかだったり

Author:らいだったりみかだったり
ドクターストップかかって現在断酒中。
鎖骨がきれいな眼鏡男子が好き(二次元に限る)。
よく勘違いされるが腐ではない。

好きなゲームはFEシリーズ、英雄伝説シリーズとかなんか色々。
最近は主にコミPo!でマンガ作って遊んでます。



コミPo!



閃の軌跡



閃の軌跡Ⅱ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント



カテゴリ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆に行ってきました
結婚10周年なので、10年前、婚前旅行で泊まった宿に家族で行こうということになり、南伊豆まで行ってきました。

以前買ったバンククエストで貯めた500円貯金は25000円になりました。
それでも最強の装備は買えなかったんだけどね


以下旅行記。
長いです。
朝6時半に出発。
なんか朝から旦那が機嫌悪い。
うちの旦那、機嫌悪いと発散させようとするのかすげーしゃべる。
でも、普段から口調のきつい人なので、機嫌悪いとほんとにとげのあるしゃべり方になる。
そして、私に機嫌の悪さ伝染。
私は逆に機嫌悪いとしゃべらないし、話しかけてほしくない。
旦那がしゃべるたびにイライラする。
そして、いつものように横浜町田インターの渋滞。
小娘たちは、先日ハードオフでリラックマのmp3プレイヤーとヘッドホンをそれぞれに買い与えたので静かだったことがせめてもの救い。

渋滞を抜け、まあ、なんとか機嫌悪いのも落ち着く。
沼津で降りて天城を目指す。
道の駅で休憩。


まだ10時とかだったが、朝飯が早かったので、早めの昼飯にすることに。
猪丼を食べる。
110829_10257E01.jpg
まあ、豚の方がうまいよ。
仕方ないよね。
豚って猪を美味しく品種改良したものだっていう話だし。

静岡限定のジュース。
110829_10427E01.jpg
私はだいだいサイダーが全然甘くなくてうまかったと思う。
緑茶コーラを旦那が「生茶スパークリングより甘くない」と言っていたが、生茶スパークリングがどんなものか想像したくないと思った。

名物わさびソフトクリーム
110829_10467E01.jpg

まさかバニラアイスにおろしわさびを混ぜて食うもんだとは思わなかった。
配分失敗するとすげーことになる。
食感はわさびによりしゃくしゃくしている。

その後もどんどこ行くと、海が見えてきた。
110829_11307E01.jpg
すげー高い。
なんか火曜サスペンス劇場の舞台みたい。


下田で海に入ろうと思ったが、なんかヘリコプター飛んでる。
救急車とかいる。
よく見ると誰も遊泳していない。
事故でもあったようだ。
車止める前でよかった。

そのまま南伊豆へ。

弓ヶ浜というところに行く。
海の家など金かかるので節約。
トイレと足を洗う水道がある無料駐車場に止める。

海の家を節約するために、しっかり娘たちには学校のプールで使うバスタオルを持ってきておけと言っていたので着替えも車の中。
私もゴムが入っているバスタオル持って行ったので、旦那もそれを使う。

貴重品は全部車に置いて海へ行く。
子供にとっては初めての海水浴。


なんかサーファー多い。
それもそのはず。
波高い。


砂で足が埋まる。
うまいこと歩けない。
子連れじゃ浅瀬で遊ぶのがせいぜい。
子供と手を繋いで海に入るが、子供たち、怖いといって、貝を拾い始める。
海行きたいって言ったのお前らだろ。

ぷかぷか浮いていたが、やっぱり波が高いため、足が付くかつかないかの所にいるのが限界。
子供いるのに行方不明になるわけいかんし。
それでも砂浜から次女が必死で私を呼ぶ。

疲れたので休憩していると、次女は安全な場所を見つけたらしく、波打ち際に座り込んで、波が来たり引いたりするのを楽しんでいた。
長女はでかい貝で砂を掘り、山を作ってそこに拾った貝殻を並べて遊んでいた。


挨拶され、振り返るとさわやかイケメンサーファーがにこにこしながら通り過ぎた。
なんか、サーファーって、髪長くて茶色くて、みたいなイメージだが、短髪黒髪逆三角形体型の本当にさわやかスポーツマン。
なんとなく旦那とその人を見ていたが、ものすごい速さで沖に行ってしまいった。
私も旦那も流されるばっかりで泳ぐなんてできない波の高さだったのに。
夫婦で「あれが本物のサーファーなんだねえ」としみじみ言う。
あのサーフボードに乗って手でこぐだけで相当な筋力つきそうだなと思った。
家の廊下にダンボール敷いてやってみるだけでも違うだろうか。
そしてまた「お前は何を目指しているんだ」と言われる。

二時くらいで、さすがに波がちょっとやばいくらい高いのでやめようということになり、撤収。

宿について、風呂に入る。
なんか目離してたら小娘たちは普通にタオル風呂の中入れていて怒る。
男湯に筒抜け。

風呂に入ったらまた下田に行ってみる。
正直、南伊豆は何もなかった・・・。

下田の道の駅で山ほどお茶漬けを買う。
これで誰もいない日の昼飯はばっちりだ!
まあ、あっという間に食っちゃうけどなwww
晩飯の時間も近いので宿に戻る。

晩飯はすげえ量だった。
お子様ランチ
110829_18297E01.jpg
長女はともかく、大食いの次女でさえ食いきれなかった。

大人用オードブル。
110829_18307E01.jpg
この後は写真撮るの忘れたが、結構な量だった。

ネット予約だと飲み物サービスと言われたので、ニューサマーオレンジの焼酎と言うヤツを飲んでみた。
香りがオレンジなのだが、味は別に甘くなかった。
うまかったので、買って帰りたかったが、どこで売っているか分からず、結局買えなかった。
聞けばよかった。


カサゴのから揚げと言うのが出てきて給仕の人が「頭も食べられます」と言ったんだ。
旦那は腹をほじっていたが、私は頭からかじりついたんだ。
給仕の人が面食らっていた。
だって頭食えるって言ったじゃねーか。

給仕の人、慌てて「ここを手でひねって食べてください」と言った。
私はここまできたら面倒なので尻尾以外全部かじりついて食った。

とにかく量が多くて全部食いきれなかった。
どんだけ多いかって言ったら、この私が買っておいたビール飲めないレベル。


貸切風呂を予約していたので、家族で入る。
なんか大きさ的にカップル用って感じだった。
子供たちは熱いと言ってすぐ出てしまったので、こちらも出るしかなくなった。

部屋に戻ると、時間も時間で子供たちはすぐ寝た。
そしてここからがきつい。
なぜかネットつながらない。
PC持ってきたのに。
ネット使えるって書いてあるのに。
普段テレビ見ない。
夜はゲームとネットという夫婦。
子供寝てるから散歩ってわけにもいかない。
何をすればいいのか分からない。

旦那が漫画を借りてきた。
「彼女を守る51の方法」
東京直下地震の話。
関西の震災で起こった実話をベースに関東で起こったらどうなるかって話なんだが、いやもうほんと怖くて。
リアルに起こりうる話なのでオカルトよりよっぽど怖い。
まあ、この間の東日本震災のとき、こんなパニックにならなかったから、人間って案外強いんだなとは思ったけど。

こんなマンガ寝る前に読ませるなよと思ったが、貸し出し用に置いてあるマンガが怖いマンガばっかりだった。
むしろマシなほうだった。

旦那は10時に寝た。
私は11時に寝た。


二日目。

6時半に貸切風呂を予約したのだが、目覚ましなど要らなかった。
なぜ5時半起床なんだ娘たちよ。

仕方ないので、私は部屋の片付けと帰りの支度。
飯食ったらすぐ出かけられるようにしておく。

6時半に風呂に入る。
また娘たちはすぐ出る。
朝だし、別にいいだろうと思い、子供たちだけで外を散策させることにする。

風呂から出てもまだ飯の時間まである。
4人バラバラでマンガを読む。
なんだこの旅行。


朝飯もまた多かった。

飯食ったらすぐチェックアウトして熱川へ向かう。
バナナとワニとレッサーパンダを見に。


ワニは動かなかった。
だが、シロワニという巨大で顔も怖いワニだけは、子供の声に反応してわざわざ来てくれた。
ワニがちゃんと動いたのはじめてみた。

その後レッサーパンダを見に分園へ。
ワニとレッサーパンダの共通点は動かないことだと思った。


金入れないと見れないのに、必ずのぞきに行く二人。
展望台


フルーツパーラーがあった。
取れたてバナナうまかった。
110830_11087E01.jpg


その後、熱海でお土産買って帰った。
地酒が買えなかったのが心残りだった。
晩飯外食イヤだったので、練り物買って帰った。
米だけ炊いて晩飯はそれとわさび漬け食った。


家に着いたら、建物の外壁工事ですごいことになっていた。
そういや冬までこの状態なのか・・・。
最近、次女が近所のおばさんからやたらと果物をもらってくるので(なぜか次女は近所とお年寄りと仲良し)、土産のわさび漬けを持って行かせたら半割のスイカ持って帰ってきた。


とにかく今回の旅行でうれしかったのは、ガソリン代と宿泊費以外は500円貯金以外の金一切使わなかったのだが、残り額150円だったこと。
来年のためにまた貯めるぞーというやる気につながった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。